システムご利用の注意点等

 ○電子入札システム推奨クライアント環境について(2017/10/02更新)
 ○環境設定について
 ○「電子入札システム」と「接続確認」は同時に使用できません
 ○随時システムメンテナンスについて
 ○Javaランタイム(JRE)の脆弱性に関する電子入札システムご利用上の注意について(2015/04/21更新)
 ○電子入札システムをご利用頂く上での注意点(2007/02/28更新)
 ○JREバージョン確認方法手順書(2016/05/23更新)
 ○Internet Explorer に関する電子入札システムご利用上の注意について(2016/05/23更新)
 ○Windows 7 に関する電子入札システムご利用上の注意について
 ○Windows 8.1 に関する電子入札システムご利用上の注意について
 ○Windows 10 に関する電子入札システムご利用上の注意について
 ○大容量ファイルの添付資料送付時のエラー回避方法について(2016/05/23更新)
 ○電子入札システム利用端末について
 ○電子入札システム起動時のJavaのセキュリティ警告について(2015/02/23更新)
 ○ Internet Explorer 9以降を利用してファイルをダウンロードする際の操作上の注意点について
(2014/08/15更新)
 ○「古いクライアントソフトウェアが使われています。」と警告表示されたら
 ○JRE8.0利用時に必要な設定について(2016/05/23更新)


電子入札システム推奨クライアント環境について
 
電子入札システムを利用するために必要なパソコン・ソフトウェア等の推奨環境です。
ただし、皆様がご利用する認証局によっては、さらに細かな制限がある場合がございますので、認証局の推奨環境をご確認のうえ、ご準備下さい。
なお、電子入札コアシステムの最新情報、よくある質問(FAQ)などが掲載されている財団法人 日本建設情報総合センター(JACIC)の「電子入札コアシステム開発コンソーシアム(http://www.cals.jacic.or.jp/coreconso/)」のホームページもご参照下さい。

※Java実行環境について
 農林水産省電子入札システムでは、以下のJava実行環境での正常動作を確認しております。
   ・JRE8.0 Update 141

※入札説明書等ダウンロードシステムの推奨クライアント環境については、電子入札システムの推奨環境と同じとなります。
 ただし、その他に入札説明書等の閲覧に必要なソフトウェアがありますので、マニュアル類のダウンロードぺージの入札説明書等の電子的提供運用マニュアルを参照願います。
 なお、入札説明書等ダウンロードシステムの環境に関するお問い合わせ先は、農林水産省電子入札センターとなります。(認証局ではありません。)

1.パソコンについて

・パソコン本体
 『2.ソフトウェアについて』に示すOSが動作するPC/AT互換機

・パソコン内部仕様
 以下に示したスペックは推奨環境の最低ラインであり、可能であればこれ以上のスペックを持つ機器類を準備するようにしてください。
CPUCore Duo 1.6GHz 同等以上
メモリ1.0GB以上
HDD1ドライブの空きが、1.0GB以上の空き容量
グラフィック
プロセッサ(GPU)
WDDM対応グラフィックプロセッサ
(VRAM128MB以上)
インターフェースICカードリーダの接続用に「USBポート」又は「シリアルポート」の空きが1つ必要です。詳しくは認証局へお問い合せ下さい。
※1 Windows 7 を使用する場合、XP モードは動作対象外です。

2.ソフトウェアについて

対応OS(※1) Windows 7 Professional SP1(32bit版, 64bit版), Windows 7 Home Premium SP1(32bit版, 64bit版)
Windows 8.1 (32bit版, 64bit版), Windows 8.1 Pro(32bit版, 64bit版)
Windows 10 Home(32bit版, 64bit版), Windows 10 Pro(32bit版, 64bit版)(※6)
全て日本語版

※Windowsログインのためのユーザ名およびドメイン名には、2バイト文字(全角文字)は使用できません。
ブラウザ(※2)
Windows 7 Professional SP1(32bit版, 64bit版)
Windows 7 Home Premium SP1(32bit版, 64bit版)
Internet Explorer 11
Windows 8.1 (32bit版, 64bit版)
Windows 8.1 Pro(32bit版, 64bit版)
Internet Explorer 11(※3)
Windows 10 Home(32bit版, 64bit版)
Windows 10 Pro(32bit版, 64bit版)
Internet Explorer 11(※4)
※ブラウザにインストールされているツールバーは、電子入札システムの動作に影響を与える場合があり、動作保障できない場合がございます。
Java実行環境JRE8.0 Update xx(※5)
入札専用ソフトICカードを電子入札システムで利用するために必要なソフトウェアで、各認証局から提供されます。
※1 対応OSの導入にあたりましては、ご利用の認証局に対応状況をご確認ください。
※2 ブラウザの導入にあたりましては、ご利用の認証局に対応状況をご確認ください。
※3 Windows 8.1 にて電子入札システムを起動する場合は、デスクトップ画面のタスクバーの
   「Internet Explorer」のアイコンをクリックして起動する必要があります。
※4 Windows 10 にて電子入札システムを起動する場合は、スタートメニューの「Windowsアクセサリ」に表示される
   「Internet Explorer」のアイコンをクリックして起動する必要があります。
※5 導入可能なJava実行環境につきましては、ご利用の認証局に対応状況をご確認ください。
※6 Windows 10 Creators Update(バージョン1703)までが推奨環境となります。

3.ネットワーク環境について

必須条件Internetへの接続手段を持つこと。
@以下のプロトコルが通過可能であること。
 ・HTTP
 ・HTTPS
 ・LDAP
A電子メールが送受信できる環境であること。
推奨条件【ダイアルアップ接続等を利用する場合】
  回線速度は64kbps以上。
【専用線接続を利用する場合】
  回線速度は128kbps以上。

【更新履歴】
更新日付更新内容
2017/10/02 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 141での正常動作を確認しました。
2017/07/25 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 131での正常動作を確認しました。
・Windows 10 の推奨環境バージョンを変更しました。
2017/06/01 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 121での正常動作を確認しました。
2017/04/11 ・ソフトウェアの対応OSから「Windows Vista」が除外されました。
・ソフトウェアのブラウザから「Internet Explorer 9」が除外されました。
2017/02/10 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 111での正常動作を確認しました。
・Windows 10 Anniversary Updateを推奨環境としました。
2016/10/31 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 101での正常動作を確認しました。
2016/07/29 ・Windows 10 Anniversary Updateは動作確認が完了するまで推奨環境外としました。
2016/07/13 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 91での正常動作を確認しました。
2016/05/23 ・ソフトウェアの対応OSに「Windows 10 home」と「Windows 10 pro」が追加されました。
2016/04/22 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 71での正常動作を確認しました。
2016/01/13 ・ソフトウェアのブラウザから、使用している OS でサポートされないバージョンの Internet Explorer が
 除外されました。
2016/01/04 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 65での正常動作を確認しました。
2015/09/16 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 51での正常動作を確認しました。
2015/07/01 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 45での正常動作を確認しました。
2015/05/01 ・ソフトウェアのJava実行環境「JRE7.0_xx」は非推奨となりました。
2015/03/31 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 31での正常動作を確認しました。
・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 75での正常動作を確認しました。
2015/02/23 ・(Java実行環境について)JRE8.0 Update 25での正常動作を確認しました。
2014/12/01 ・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 71での正常動作を確認しました。
2014/09/27 ・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 65での正常動作を確認しました。
2014/08/30 ・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 55での正常動作を確認しました。
2014/08/15 ・ソフトウェアの対応OSに「Windows 8.1」と「Windows 8.1 Pro」が追加されました。
・ソフトウェアのブラウザに「Internet Explorer 11」が追加されました。
2014/08/01 ・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 51での正常動作を確認しました。
2014/04/09 ・ソフトウェアの対応OSから「Windows XP SP3」が除外されました。
2014/01/06 ・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 45での正常動作を確認しました。
2013/12/24 ・ソフトウェアのブラウザに「Internet Explorer 10」が追加されました。
2013/10/26 ・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 40での正常動作を確認しました。
2013/07/14 ・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 25での正常動作を確認しました。
2013/06/04 ・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 21での正常動作を確認しました。
2013/04/10 ・ソフトウェアの対応OSから「Windows 7(SPなし)」が除外されました。
・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 17での正常動作を確認しました。
2013/03/02 ・ソフトウェアのJava実行環境をJRE7.0 Update xxに変更しました。
・(Java実行環境について)JRE7.0 Update 9での正常動作を確認しました。
・ソフトウェアのJava実行環境「JRE6.0_xx」は非推奨となりました。
2012/11/01 ・ソフトウェアのブラウザに、ツールバーに関する注意を記載しました。
2012/03/30 ・ソフトウェアの対応OSに「Windows 7 SP1」と「Windows 7 64bit版」が追加されました。
2012/01/27 ・ソフトウェアのブラウザに「Internet Explorer 9」が追加されました。
2011/12/23 ・ソフトウェアのJava実行環境から「JRE1.3.1_xx」と「JRE1.4.2_xx」が除外されました。
2011/07/13 ・ソフトウェアの対応OSから「Windows Vista SP1」が除外されました。
2010/11/15 ・ソフトウェアの対応OSに「Windows Vista SP2」と「Windows 7」が追加されました。
・ソフトウェアのブラウザに「Internet Explorer 8」が追加されました。
2010/07/13 ・Windows XP を使用する場合のパソコン内部仕様において、メモリが「512MB以上」に変更されました。
・ソフトウェアの対応OSから「Windows 2000 Professional SP4」と「Windows XP SP2」が除外されました。
・ソフトウェアのブラウザから「Internet Explorer 6.0 SP1/SP2」が除外されました。
2010/06/01 ・ソフトウェアの対応OSから「Windows Vista(SPなし)」が除外されました。



環境設定について
 
電子入札システムをご利用の場合、環境ファイル(.java.policy ファイル)の設定を行う『環境設定ツール』が必要となります。
『環境設定ツール』は各民間認証局より提供されます。
『環境設定ツール』についてのお問合せは各民間認証局へお願い致します。

『環境設定ツール』で指定するアドレスは下記の通りです。
2つのアドレス全てを設定してください。

       【電子入札システム】
https://www.maff-ebic.go.jp/CALS/
       【接続確認】
https://acc.maff-ebic.go.jp/CALS/




「電子入札システム」と「接続確認」は同時に使用できません
 
「電子入札システム」と「接続確認」は同時に使用できません。
「接続確認」を使用した後に「電子入札システム」を使用する場合、または「電子入札システム」を使用した後に「接続確認」を使用する場合にはブラウザの全てのウィンドウを閉じた後、再度使用して下さい。



随時システムメンテナンスについて
 
随時システムメンテナンス中は「よくある質問(FAQ)」および「お知らせ」は使用できないことがありますので、あらかじめご了承下さい。



JRE脆弱性に関する電子入札システムご利用上の注意について
 
農林水産省電子入札システムを利用する端末に必要なソフトウェアの一つとして、Java 2 Runtime Environment(以下、JRE)をインストールしていただいております。
JREにセキュリティホールが発見された場合は、Oracle社より新バージョンのJREが提供されております。

JREで報告されているセキュリティホールの代表的なものが、一部の悪意あるサイトにアクセスした場合に、ご使用端末の情報漏洩等のセキュリティ侵害を受ける可能性があるというものです。
農林水産省電子入札システムについては、セキュリティを侵害するようなアプリケーションは使用しておりませんので、ご利用に問題はありません。

ただし、最新のJREにおいても農林水産省電子入札システムが利用できるように、当センターにて動作検証を実施しております。
また、最新のJREの適用に関しては、ICカードの発行を受けた認証局にお問合せ願います。

最新のJREにバージョンアップするまでの期間においては、信頼できないサイトでJavaプログラムを実行しないで下さい。

なお、電子入札専用端末で電子入札システム利用目的以外は、下記の方法によりJREの利用を無効化することをお勧め致します。

◇JRE の無効化◇
(1) Javaコントロール・パネルを起動。
(2) 「セキュリティ」タブをクリック。
(3) 「ブラウザでJavaコンテンツを有効にする」のチェック・ボックスの選択を解除し、「適用」ボタンをクリック。
Windowsのユーザー・アカウント制御ダイアログが表示されたら、変更を許可。
(4) Javaプラグイン確認ウィンドウで「OK」をクリック。
   
java.com での無効化手順紹介ページ
※ただし、電子入札システム利用の際は必ず有効化させないと操作できません。
   電子入札専用端末の管理については、利用者の責任で行ってください。


【更新履歴】
更新日付更新内容
2015/04/21Javaコントロール・パネルから無効化する手順に変更しました。
2014/08/15Internet Explorer 11 の追加に伴い手順を更新しました。
2013/12/24Internet Explorer 10 の追加に伴い手順を更新しました。
2012/01/27JREバージョン 1.3 と 1.4 の除外、および、Internet Explorer 9 の追加に伴い手順を更新しました。
2010/11/15Internet Explorer 8 の追加に伴い手順を更新しました。
2010/07/13Windows 2000 の除外に伴い手順を更新しました。
2008/07/01Windows Vista の対応に伴い手順を更新しました。
2008/04/12JREバージョン 6.0 の対応に伴い手順を更新しました。
Netscape での手順を削除しました。



電子入札システムをご利用頂く上での注意点について
 
電子入札システムをご利用頂く上での注意点について、まとめたものを掲載しました。 詳細については、以下の内容をご覧下さい。

  ●電子入札システムをご利用頂く上での注意点について(PDF)

※資料内では地方農政局の画面を利用していますが
 全ての調達機関で共通です。

【更新履歴】
更新日付更新内容
2007/02/28(4ページ)文字入力及びファイル名で使用できない文字に、
「―」(全角ダッシュ)を追加しました。



JREバージョン確認方法手順書
 
端末のJREバージョンが分からない場合はこちらの資料を参照してください。

  ●JREバージョン確認方法手順書(PDF)

【更新履歴】
更新日付更新内容
2016/05/23Internet Explorer 7の確認方法を削除しました。
2015/02/23JRE8.0の記載を追加しました。
2014/08/15Internet Explorer 11の追加に伴い確認方法を更新しました。
2014/04/09Internet Explorer 6の確認方法を削除しました。
2013/12/24Internet Explorer 10の確認方法を追加しました。
2013/03/02JRE7.0の記載を追加しました。
2012/01/27Internet Explorer 9の確認方法を追加しました。
2011/09/16Internet Explorer 8の確認方法を追加しました。
2008/04/12JREのバージョンが6.0の確認方法を追加しました。
Netscapeを使用している場合の確認方法を削除しました。



Internet Explorer に関する電子入札システムご利用上の注意について
 
Internet Explorer の利用について、皆様がご利用する認証局によっては、推奨環境が異なるため、認証局の推奨環境をご確認のうえ、ご利用下さい。
なお、Internet Explorer を利用する場合、ポップアップブロック機能が動作しないように設定する必要があります。設定手順につきましては、以下の内容をご覧下さい。

 ●農林水産省向けブラウザ設定(PDF)



Windows 7 に関する電子入札システムご利用上の注意について
 
農林水産省電子入札システムにおいてはWindows 7が利用可能となっておりますが、皆様がご利用する認証局によっては、推奨環境が異なるため、認証局の推奨環境をご確認のうえ、ご利用下さい。

なお、Windows 7 においては、JIS X0213:2004(以下、「JIS2004」)に対応したフォントが標準として採用されていますが、電子入札システムはJIS2004に対応していないため、Windows XP等と互換性のあるJIS90フォントのインストールと設定変更が必要となります。ご利用のパソコンがWindows 7の場合は、以下の手順書に従って下さい。

 ●フォント環境設定変更手順(Windows 7)(PDF)

また、Internet Explorer のポップアップブロック機能が動作しないように設定する必要があります。設定手順につきましては、以下の内容をご覧下さい。

 ●農林水産省向けブラウザ設定(PDF)



Windows 8.1 に関する電子入札システムご利用上の注意について
 
農林水産省電子入札システムにおいてはWindows 8.1が利用可能となりましたが、皆様がご利用する認証局によっては、推奨環境が異なるため、認証局の推奨環境をご確認のうえ、ご利用下さい。

なお、Windows 8.1 においては、JIS X0213:2004(以下、「JIS2004」)に対応したフォントのみが搭載されておりますが、電子入札システムはJIS2004に対応していないため、JIS2004 でのみ対応している文字を入力して送信した場合、文字が化けて表示されます。ご利用のパソコンがWindows 8.1の場合は、文字が化けて表示されることを回避するために、以下の手順書に従ってIMEの設定を変更して下さい。

 ●IME設定変更手順(Windows 8.1)(PDF)

また、Internet Explorer のポップアップブロック機能が動作しないように設定する必要があります。設定手順につきましては、以下の内容をご覧下さい。

 ●農林水産省向けブラウザ設定(PDF)

Windows 8.1 にて電子入札システムを起動する場合は、スタート画面にある Internet Explorer のタイル起動では、電子入札システムは正常に動作しません。
Windows 8.1 にて電子入札システムを起動する場合は、以下の手順で起動を行います。

 ●電子入札システム起動方法(Windows 8.1)(PDF)



Windows 10 に関する電子入札システムご利用上の注意について
 
農林水産省電子入札システムにおいてはWindows 10が利用可能となりましたが、皆様がご利用する認証局によっては、推奨環境が異なるため、認証局の推奨環境をご確認のうえ、ご利用下さい。

なお、Windows 10 においては、JIS X0213:2004(以下、「JIS2004」)に対応したフォントのみが搭載されておりますが、電子入札システムはJIS2004に対応していないため、JIS2004 でのみ対応している文字を入力して送信した場合、文字が化けて表示されます。ご利用のパソコンがWindows 10の場合は、文字が化けて表示されることを回避するために、以下の手順書に従ってIMEの設定を変更して下さい。

 ●IME設定変更手順(Windows 10)(PDF)

また、Internet Explorer のポップアップブロック機能が動作しないように設定する必要があります。設定手順につきましては、以下の内容をご覧下さい。

 ●農林水産省向けブラウザ設定(PDF)

Windows 10 にて電子入札システムを起動する場合は、タスクバーにある Microsoft Edge では、電子入札システムは正常に動作しません。
Windows 10 にて電子入札システムを起動する場合は、以下の手順で起動を行います。

 ●電子入札システム起動方法(Windows 10)(PDF)



大容量ファイルの添付資料送付時のエラー回避方法について
 
 電子入札システムの申請書等の提出において、大きなサイズのファイルを添付した場合にエラーが発生し、申請書等の提出ができない場合があります。
 この問題を回避するためには、Java実行環境(JRE)の設定変更が必要となりますので、以下の手順に従ってください。

 ●大容量ファイルの添付資料送付時のエラー回避方法(PDF)

【更新履歴】
更新日付更新内容
2016/05/23Windows 10 の追加に伴い手順を更新しました。
2015/02/23JREバージョン 8.0 の対応に伴い手順を更新しました。
2014/08/15Windows 8.1 の追加に伴い手順を更新しました。
2014/04/09Windows XP の除外に伴い手順を削除しました。
2013/03/02JREバージョン 7.0 の対応に伴い手順を更新しました。


電子入札システム利用端末について
 
 ブラウザにインストールされたツールバー等のお客様利用環境により、農林水産省電子入札システムの動作に不都合が生じた場合、ヘルプデスクでの対応を致しかねますので、ご了承いただきますようお願いします。



電子入札システム起動時のJavaのセキュリティ警告について
 
農林水産省電子入札システムの「利用者登録/電子入札」選択画面から「利用者登録」または、「電子入札」を選択して、それぞれの画面に遷移すると、「セキュリティ警告」のメッセージが表示されます。
この場合は、表示されるアドレスが「www.maff-ebic.go.jp/...」または「acc.maff-ebic.go.jp/...」となっていることを確認し、「実行」ボタンをクリックして下さい。
詳細については以下の内容をご覧下さい。

  ●電子入札システム起動時のJavaのセキュリティ警告について(PDF)

【更新履歴】
2015/02/23JREバージョン 8.0 の対応に伴い手順を更新しました。


Internet Explorer 9以降を利用してファイルをダウンロードする際の操作上の注意点について
 
 Internet Explorer 9以降を利用してファイルをダウンロードする際の操作上の注意点を掲載しました。詳細については以下の内容をご覧下さい。

 ● Internet Explorer 9以降を利用してファイルをダウンロードする際の操作上の注意点について
(PDF)



「古いクライアントソフトウェアが使われています。」と警告表示されたら
 
 ご利用のクライアントソフトウェアのバージョンが古いと、2014年9月1日以降、電子入札システムにログインするときに以下の警告メッセージが表示されます。

警告メッセージ

 警告メッセージが表示された場合においても、「OK」ボタンをクリック後、電子入札システムを利用することができますが、ICカードを購入した認証局のご案内(ホームページ等)を確認し、早めに新しいクライアントソフトウェアに切り替えてください。



JRE8.0利用時に必要な設定について
 
 Java実行環境(JRE)がバージョン8.0の場合はJREの設定追加が必要となります。設定を行わない場合、電子入札システム起動時に「ブロックされたJavaアプリケーション」のメッセージが表示されシステムが利用できませんので、必ず実施願います。

  ●農林水産省向けJava実行環境設定手順(JRE8.0用)(PDF)

【更新履歴】
更新日付更新内容
2016/05/23Windows 10 の追加に伴い手順を更新しました。